all about 竣工式 竣工式について徹底解説

竣工式とは?

竣工式とは建物の完成を祝い、建物を披露するための儀式。盛大に行われる傾向にあります。建物が無事に完成したことを神に報告し、感謝するとともにその建物が永遠に安定するように、災いが襲ってこないように祈願します。

神社の神職等の奉仕により行う場合→竣工式神事を行わず建築主が工事関係者及び来賓を招待し、工事の経過報告と新築建物の披露をする祝賀会→落成式詳しくはこちら

竣工式の形態

神事のみ

神事会場のみを設営する小規模な竣工式。直会場を設けず、神事会場で神酒拝戴(しんしゅはいたい)までを行います。

神事に引き続いて建築主からのお礼の挨拶や設計・施工者側のお祝いの言葉、そして感謝状贈呈もこの場で行うことがあります。

神事+祝宴

神事会場にくわえ、祝宴会場を設営する盛大な竣工式です。料理はほとんどケータリングによるパーティー仕様のものを出し、かかる時間も1時間30分~2時間くらいを目安に考えましょう。

ケータリング業者へのリンク
ローズホテル横浜 http://www.rosehotelyokohama.com/content/catering
山手サービス http://www.yamateservice.co.jp/
花菱 http://www.maruaki.com/hanabishi/index.html

竣工式の式次第

1 手水の儀(てみずのぎ) 心身を清める

入口に用意された手水桶から柄杓で水を注ぎ、手を洗い、口をすすぎます。

2 修祓(しゅばつ) 罪やけがれを祓う

神職が祓詞(はらえことば)を申し、大麻(おおぬさ)で祓い清めていきます。

3 降神の儀(こうしんのぎ) 神霊を招く

斎主と祭員が祭壇に進み、斎主が降神の詞を申します。そのとき、祭員は警蹕(けいひつ)を奉仕します。

4 献饌(けんせん) 神に供物を供する

祭員が祭壇に進み、瓶子(へいし)と水器(すいき)のふたを取ります。

5 祝詞奏上(のりとそうじょう) 加護を祈念する

斎主が立ち上がり祭壇に進み、祝詞を奏上します。

6 切麻散米(きりぬささんまい) 土地を祓い清める

斎主が祭壇に進み切麻の入った糖櫃(からびつ)を取り、撒いてお祓いをします。

※地鎮祭はここに「地鎮の儀」が入りますが、竣工式の神事には「地鎮の儀」はありません。

7 玉串奉奠(たまぐしほうてん) 土地の安定と工事関係者の守護を願う

神職、建築主、主要来賓、近隣関係者、設計者、施工者の順に玉串奉奠を行います。

8 撤饌(てっせん) 祭壇から供物を下げる

祭員が祭壇に進み、瓶子と水器にふたをします。

9 昇神の儀(しょうしんのぎ) 神霊が帰る

斎主と祭員が祭壇に進み、斎主が昇神の詞を申します。そのとき、祭員は警蹕(けいひつ)を奉仕します。

10 神酒拝戴(しんしゅはいたい) ご神酒を頂戴する

落成祝賀会 次第

1 開会の辞

発注者が行います。

2 建築主挨拶

発注者の代表が工事報告等も含め挨拶します。

3 来賓祝辞

ご来賓を代表して数名に挨拶を頂戴します。

4 感謝状贈呈

発注者が準備し、設計及び施工代表者にお渡しします。
記念品を用意することがあります。

5 工事関係挨拶

設計及び施工代表者が謝辞を述べます。
施工者が発注者に記念品を贈呈することもあります

6 祝電披露

3通程度披露します

7 乾杯
8 開宴

トラクションを用意することもあります。

9 万歳三唱

または手締めをします

10 閉会の辞

竣工式用品のレンタルプランと料金はこちらで確認

企画・立案サポート、設営・運営管理・撤去まで 私たちプロが責任を持ってお手伝い致します。お問い合わせはこちらから

このページの先頭へ